2010 年 3 月の記事一覧です(3 件)

[Linode]Linode Manager for iPhoneが凄い

昨年10月からLinodeVPSというアメリカのVPSを利用しています。価格が安いこと、Twitterでサポートしてくれていることなど、
その他諸々気に入っていますが、更にうれしいことに、なんとLinodeVPSの管理マネージャ用iPhoneアプリが出ていました!!
以下スクリーンショットです

IMG_0353.PNG

ログイン画面

IMG_0354.PNG

こちらがステータス画面です

IMG_0358.PNG

グラフも表示されます

IMG_0355.PNG

リブートとシャットダウンが出来ちゃいます

IMG_0357.PNG

Linodeには無料のDNSサービスが用意されていますが、その機能も利用出来ます

こまかな作業は当然SSHクライアントが必要だと思いますが、出先でリブートが安全に出来るし、なにより、このようなアプリを無料で提供してくれる姿勢が嬉しいです。

[Python][foursquare]python-foursquareを使ってみた

最近流行ってるジオメディアforsquareもTwitter同様にAPIが充実しております。
そこでPythonで操作出来るラッパーがないか探していたのですが、python-foursquareというものがありましたので少し使ってみました。
python-foursquareはこちらにあります。
ダウンロードして解凍し、python setup.py installでインストールします。 インタラクティブ・シェルで使用するとこのような感じになります。

/Users/aoshiman% python
Python 2.6 (trunk:66714:66715M, Oct  1 2008, 18:36:04)
[GCC 4.0.1 (Apple Computer, Inc. build 5370)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import foursquare
>>> api = foursquare.Api()
>>> fs = api.get_checkins('userid','userpassword')
>>> for i in fs["checkins"]:
...     print i["display"]
...
xxxxxx @ 上諏訪駅
xxxxxx @ わなか大入本店
xxxxxx @ 喜京屋
xxxxxx @ 未来屋書店 イオンナゴヤドーム前店
xxxxxx @ 桶ガ谷沼
xxxxxx @ トレッサ横浜
xxxxxx @ セブンイレブン 浜松大工町店
xxxxxx @ LAWSON100梅丘1丁目店
xxxxxx @ 小田急線 新宿駅
xxxxxx @ 渋谷駅
aoshiman shouted...
xxxxxx @ Kyōto Station(京都駅)
xxxxxx @ [off the grid]
xxxxxx shouted...
>>> 

Checkinした時に表示される内容(Display)を取得してみました。
foursquareAPIはTwitterライクでTwitterAPIに慣れている方は同様に扱うことが出来ると思います。
これを使ってなんか作ってみようと思ってます!

[Python]JANコードとITFコードのチェックデジットを算出するスクリプト

JANコードとITFコードのチェックデジットを算出するスクリプトをPythonで書いてみた。
仕事でPythonはまず使わないが、物流に携わる者としてロジックだけは最低限押さえておく。
今回参照にさせていただいたのこちら JANコードとITFコードそれぞれのチェックデジット算出についてはこちらをご参照下さい。 JANコードは現在あらゆる商品に付与されているデファクトなコード体系。
ITFコードは物流で使用するコードでJANコードに物流用識別コード1桁を付加したもの。
JANもITFもチェックデジットの算出はモジュラス10/ウエイト3を使用する。

JANコードのチェックデジット算出

#!/usr/bin/env/python
# coding: utf-8

import sys

def checkdigit(code):
    s = str(code)[:12]
    a = 0
    b = 0

    for i in range(0, len(s), 2):
        a += int(s[i])
    #print a

    for i in range(1, len(s), 2):
        b += int(s[i])
    #print b

    d = (a + (b * 3)) % 10
    d = 10 - d 
    return d

if __name__ == '__main__':
    arg = sys.argv[1]
    cd = checkdigit(arg)
    print cd

ITFコードのチェックデジット算出

#!/usr/bin/env/python
# coding: utf-8

import sys

def checkdigit(code):
    s = str(code)[:13]
    a = 0
    b = 0

    for i in range(0, len(s), 2):
        a += int(s[i])
    #print a

    for i in range(1, len(s), 2):
        b += int(s[i])
    #print b

    d = (b + (a * 3)) % 10
    d = 10 - d 
    return d

if __name__ == '__main__':
    arg = sys.argv[1]
    cd = checkdigit(arg)
    print cd
PAGE TOP