2012 年 3 月の記事一覧です(2 件)

[Alfred][Python]Alfredから直接Twitterへ投稿する〜Python編

いつの間にかQuicksilverの代替えとして使っていたAlfredですが、PowerPackという有料オプションを使うとShellScriptとかAppleScriptなんかが実行出来るようになるみたいです。
なのでPythonでTwitterへAlfredから直接投稿するようにしてみました。
尚、このスクリプトを動かす前提条件としては

  • Twitterにオレオレクライアントの登録をして、OAuth用consumer_key、secret(及びaccess_token、secret)を発行
  • AlfredのPowerPackを購入(AlfredをApp Store経由で購入するとPowerPackのライセンス登録が出来ないっぽい!?)
  • tweepyとpitが必要

が必要かと思います。

で、作成した コードはこちらです
#!/usr/bin/env python
# coding: utf-8

import tweepy
from pit import Pit

def main(post):
    #OAuth setting
    consumer_config = Pit.get('oauth_conf')
    auth = tweepy.OAuthHandler(consumer_config['consumer_key'],
                                consumer_config['consumer_secret'])
    access_config = Pit.get('access_userid')
    auth.set_access_token(access_config['access_token'],
                                access_config['access_secret'])

    api = tweepy.API(auth)
    #print post
    api.update_status(post)

if __name__ == '__main__':
    import sys
    main(unicode(' '.join(sys.argv[1:]), 'utf-8'))

こちらのコードをAlfredに登録します
Alfred Preferences

こんな感じです
Alfred Preferences

Alfredを呼び出して呼び出しキーワード+ツイート内容で投稿できます。 スクリーンショット(2012-03-29 21.45.27)

Mac OS X 10.6.8 のPython2.6.1で動作確認してます。

[CotEditor]Terminal.appからCotEditorでファイルを開いて編集する方法

FlaskでPythonスクリプトを修正したり新たに書く場合はVimを使ってますが、templateファイルを編集する場合はCotEditorを使ってます。特にはっきりとした理由はないのですが、templateファイルの編集ではCotEditorが使いやすく感じています。
ただ、Vimでの作業やGit操作、sqlite操作等、template編集以外は全部ターミナルで行なっているので、いっそのことターミナルからCotEditorを開けないかなと調べたらありました。


私はzshを使っているので、zshrcに以下のような記述を追加。
#coteditor
alias cot='open $1 -a /Applications/CotEditor.app'

これで cot layout.html とかで開けます。便利!
PAGE TOP