2016 年 3 月の記事一覧です(2 件)

[kindle]スマートPythonプログラミングを買った


いつも参考にしているPython関連のブログの作者さんがPython本を出版していました。

入門書の次に読む本をコンセプトに..とのことですが、独学でなんとか中級入り口までたどり着いたけど、書き方がこれでいいのかわからん、テスト書けよって言われるけどよくわかってないみたいに足踏みしている人(私もそうです)にぴったりな本なのではと思いました。

一通り読んだだけで、これから写経しながら読みなおすのですが、この本が理解できれば一段上のステージに上がれそうな気がして勇気が出ました。もみじあめ(@momijiame)さん、素晴らしい本を出してくれてありがとうございます!


[Shizuoka]狩猟免許(わな猟)試験に合格した

image

2月下旬に狩猟免許試験(わな猟)を受験し、先日合格通知が届きました。

受験した理由は田舎で暮らしている人ならわかると思うのですが、とにかく獣害が酷いのでなんとか対策をしたいということです。鉄砲の免許ではないので止め刺しは出来ないけれど、箱罠の手伝いくらいは出来るだろうと(免状だけ持っていても駄目で狩猟者登録やその他諸々の手続きは必要ですが)。

(注)下記内容はあくまでも静岡県の今回の試験における対策です。他県や静岡県の次回以降の試験対策には合わないかもしれません。

試験についてですが、知識試験、適性試験、技能試験の三種類あって、正直対策さえしていればそうそう不合格になることはないと思います。が、全く何もしないで合格できるほど甘くはありません。
どのように試験対策をすればよいのか?ですが、一番の近道は試験の数ヶ月前に実施する猟友会主催の予備講習会に参加することです。

第2回狩猟免許試験のための 予備講習会のお知らせ ( 静岡県 ) - 一般社団法人 静岡県猟友会 - Yahoo!ブログ

この講習会は有料で一日がかりですが、過去問題集を貰えたり、罠の仕掛け方などの実技講習を行ってくれます。知識試験はほぼこの問題集から出るので必ずやったほうがよいと思います。

あと狩猟鳥獣の判定という、鳥獣の書いてある絵を見てその鳥獣が狩猟可能か(狩猟可能だったら名称も)の判定をする問題があって、これは結構難しいので鳥獣カードを自作して暇さえあれば何度も繰り返し覚えていました(イタチのオス(狩猟可)とイタチのメス(狩猟不可)の判定は最難門)。

image

あと、実技試験で罠の仕掛け方の問題があるのですが、これも予備講習会で勉強出来ます(そして同じ罠が試験に出るはずです)。私は予備講習会で使用した罠のメーカーと名称を確認してメーカーが仕掛け方の動画をyoutubeにアップしてあるのを発見したので、それを暇さえあればチェックしてました。



これで今年の目標をひとつクリアしましたので嬉しいというかホッとしています(周囲に言いふらしていたので。。)。



PAGE TOP