魚貝食事処 おがわ

P1030084

午前で仕事を終わらせて嫁さんに会社までクルマで迎えにきてもらい、そのまま清水魚市場おさかなセンター 河岸の市へ食事に。お目当ての魚貝食事処 おがわは既に長蛇の列だったけど、せっかくなので40分ほど待ちました。上の写真は、しみずみなと刺身定食というもので、これでもかとマグロのぶつ切りが盛ってあり、完食するのに一苦労。

P1030082

これは嫁さんが注文したネギトロ丼。
お店で使用しているマグロは本マグロでなく、冷凍のバチマグロですが、個人的に大バチのトロが好みなので大満足でした。
清水にお寄りの際は是非。


[Python] Twitter in 3D on Ubigraph

先日、Twitterで知り合ったdoyaさんと実際にお会いして、互いの職歴や、地元の話、最近のWebサービスのことなど、色んな話をしたのですが、最近注目している技術やWebサービスは何かという話題で、情報を可視化出来るUbigraphの話になり、付属されているデモンストレーションを見せてもらいながら、Pythonを含めた何種類かの言語で操作が可能なこと、特にPythonで書かれたサンプルスクリプトが多く付属されていることを教えてもらった。
早速、Pythonの勉強にサンプルコードを読もうと思ったのですが、どうせならTwitterを可視化した事例がないかと調べたところ、ブラジルのChristian S. Perone氏のblogでTwitterのFollowingを可視化したTwitter3D.pyというコードを発見。

Twitter in 3D ! – Pyevolve

早速ダウンロードして、動かしてみた。
その動画がこちらです(HQ視聴がおすすめです)



ところが、どうもFollowしているのに表示されない人がいるので、Follow数をカウントしたところ、ちょうど100人。どうやらPython-twitterの仕様で100人までしか取得出来ないっぽい。

【ご参考】 テックノート@ama-ch – python-twitterで遊んでみた 基本編

Twitterのapiでは、page=ページ番号 (オプション)が用意され、ページ番号を指定することで、指定ユーザの friend の一覧を100件単位で取得することが出来るようだが、python-twiterにpageパラメータが用意されていない模様。さらに調べてみるとこのようなページが

python-twitter Issue 20:Only return 100 users

trunk版では一ヶ月前に解決されているようです。
そこでeasy_installでインストールしたpython-twitterをアンインストールし、trunk版をインストール。その後、Twitter3D.pyでFollowingを全て取得するコードを追加して無事100人以上表示させることが出来た。
修正を加えたコードはこちら

#!/usr/bin/env python
# coding: utf-8
#
# This code is forking from twitter3D.py (H.Aoshima). 
# Christian S. Perone makes the original. 
# Please Note it.
# Python-twitter of the trunk version (r137 or higher) is necessary. 
#

import time
import xmlrpclib
import socket
from sets import Set
import random
from optparse import OptionParser

try:
    import twitter
except:
    print "error:\tcan't import python-twitter module, you must install the module:\n"
    print "\tto install: 'easy_install python-twitter'\n"
    exit()

server_url = 'http://127.0.0.1:20738/RPC2'
screenname = ""
api        = ""
G          = ""

GREEN_COLOR  = "#00ff00"
RED_COLOR    = "#ff0000"
YELLOW_COLOR = "#ffff00"

expandedVertices = Set()
vertexes         = {} 
vertexes_invert  = {} 

def get_allfriends(root_name): #get  all friends
    friends, cnt = [], 1
    while not len(friends) % 100:
        friends += api.GetFriends(root_name, page=cnt) 
        cnt += 1
    return friends

def expand_vertex(v): 
    if v in expandedVertices: 
        return 0
  
    expandedVertices.add(v) 
    G.set_vertex_attribute(v, "color", YELLOW_COLOR) 
    root_name = vertexes[v] 

    print "Getting friends of %s..." % root_name
    friends = get_allfriends(root_name) 
#   print len(friends) # debug

    if len(friends) <= 0: 
        color_node = GREEN_COLOR if vertexes[v] != screenname else RED_COLOR
        G.set_vertex_attribute(v, "color", color_node)

    for friend in friends:
        friend_name = friend.GetScreenName()

        if vertexes_invert.get(friend_name) is not None: 
            edge = G.new_edge(v, vertexes_invert[friend_name]) 
            G.set_edge_attribute(edge, "arrow", "true")
        else: 
            new_vertex = G.new_vertex()
            G.set_vertex_attribute(new_vertex, "label", friend_name)
            G.set_vertex_attribute(new_vertex, "shape", "sphere")

            vertexes.update({new_vertex: friend_name}) 
            vertexes_invert.update({friend_name: new_vertex}) 
            edge = G.new_edge(v, new_vertex)
            G.set_edge_attribute(edge, "arrow", "true") 


    color_node = GREEN_COLOR if vertexes[v] != screenname else RED_COLOR
    G.set_vertex_attribute(v, "color", color_node)


    return 0	

if __name__ == "__main__":
    print "Twitter3D - Twitter 3D nodes viewer"
    print "By Christian S. Perone (@tarantulae)"
    print "http://pyevolve.sourceforge.net/wordpress\n"

    parser = OptionParser()
    parser.add_option("-u", "--username", dest="username",
                    help="The twitter username", metavar="USERNAME")

    parser.add_option("-p", "--password", dest="password",
                    help="The twitter password (optional)", metavar="PASSWORD")

    (options, args) = parser.parse_args()

    if (not options.username):
        parser.print_help()
        exit()

    pass_msg = "authenticated" if options.password else "unauthenticated"
    print "Starting the Twiter3D for user %s (%s)..." % (options.username, pass_msg)

    screenname = options.username
    api = twitter.Api(username=options.username, password=options.password)
    server = xmlrpclib.Server(server_url) 

    G = server.ubigraph 

    try:
        G.clear() 
    except socket.error, msg: 
        print "error:\tcan't connected to the Ubigraph server, the server is running ?\n\terror message:%s\n" % msg
        exit()
 
    root = G.new_vertex() 
    vertexes.update({root : screenname}) 
    vertexes_invert.update({screenname : root}) 

    G.set_vertex_attribute(root, "color", "#ff0000") 
    G.set_vertex_attribute(root, "shape", "sphere") 
    G.set_vertex_attribute(root, "label", screenname)
  
    myPort = random.randint(20700,30000) 
    G.set_vertex_style_attribute(0, "callback_left_doubleclick",
    "http://127.0.0.1:" + str(myPort) + "/expand_vertex") 
    from SimpleXMLRPCServer import SimpleXMLRPCServer 
    server = SimpleXMLRPCServer(("localhost", myPort))
    server.register_introspection_functions()
    server.register_function(expand_vertex) 
    print "Listening for callbacks from ubigraph on the port %d..." % (myPort,)
    server.serve_forever() 

Christian S. Perone氏には、Followingを100人以上取得出来るようにしたので、折角なので公開していい?という旨のメールを送り、全然問題ないし、書いたらlink教えてという返事を頂いた(無茶苦茶な英文でやり取りしてもうた><)。
Ubigraphをやったことない人はデモがかっこいいので是非ご覧になってください。


河津桜 – 本州一の早咲き桜

P1020700

P1020711

一足早い春を感じたくて、賀茂郡河津町にやってきました。
河津町は早咲きの桜として有名なカワヅザクラの原木が発見された町で、毎年2月10日〜3月10日に河津桜まつりを開催しています。今年は昨年よりも開花スピードが早く、また昨日の初夏のような陽気も手伝って、ほぼ満開状態でした。
ソメイヨシノより濃いめのピンク色が、同じくピークを迎えている菜の花の黄色と相まって素晴らしい風景を見せてくれました。

P1020768

P1020769

帰りに必ず寄ると決めているうな繁へ。ひつまぶしを石焼で食べる石焼丼は絶品です!近くにお寄りの際は是非お試し下さい。


Skypeをより身近に – SkWebChatを設置してみた

最近、自分が読んでいるブログの中に株式会社ナレッジフローさんが提供しているSkWebChat(Webで使えるスカイプチャットサービス)が設置されているのを見て、自分も設置してみました。

20090207_01

サイドバー(各エントリページではページ下)に表示されていると思います。
これは自分のブログに訪れた人からのチャットをSkypeで受信出来るものです。またSkypeからチャットを返すことも出来ます。詳しくはSkWebChat:ドキュメントに書いてありますが、Skype APIを利用しているようです。
自分のブログやそのエントリーなどに対するコメント伝達手段のひとつとして、どのように機能するか(あまり訪問者がいませんが・・)ということと、iPhoneのfringからチャットを返せたら面白いかなって思ってます。


がんばれ! アドミンくん の新作情報を知らせるTwitterBotを作った

@ITで連載中の4コマ漫画がんばれ! アドミンくんは、システム管理者のありがちネタをユーモラスに描いており、とっても面白く、一服の清涼剤という感じで、第一話から欠かさず読んでいます。
今回、がんばれ! アドミンくんの新着を見逃さないように、新着情報を知らせるTwitterBotを作成しました。
http://twitter.com/ad_min_kun
アカウントがadmin_kunでなく、ad_min_kunと細切れになっているのは、下のようにadminという文字は使えないようなので。

image01

がんばれ!アドミンくん はRSSを吐き出していない為(YahooPipes等の外部サービスでRSS化しているものは見かけます)、スクレイピングで対応しました。例によってコードを晒します。
Python2.4と2.5で動作確認をしています。スクレイピングにBeautifulSoupを、Twitter投稿にpython-twitter(依存関係でsimplejsonも必要)を使用しています。

# coding: utf-8
import urllib2
from twitter import Api as TwitterApi
from BeautifulSoup import BeautifulSoup


def file_open(f):
    r = open(f,'r')
    latest_number = r.readline()
    r.close()
    return latest_number

def parse_html(u):
    soup = BeautifulSoup(urllib2.urlopen(u))
    data = []
    for node in soup.findAll('td', {'colspan': '3'}):
        for tag in node('table', {'width': '100%', 'cellpadding': '3', 'border': '0'}):
            for atag in tag('a'):
                data.append([atag['href'], atag.string])
    data.reverse()
    return data

def main(data, latest_number):
    for i in data:
        entry_link, entry_title = i[0], i[1]
        e = entry_link.split('/')
        entry_number = e[4]
        if latest_number < entry_number:
            api = TwitterApi(TWITTER_USERNAME, TWITTER_PASSWORD)
            post = u'%s %s%s' % (entry_title, DOMAIN, entry_link)
            api.PostUpdate(post)
            latest_number = entry_number
    return latest_number

def file_close(f, l):
    w = open(f, 'w')
    w.write(str(l))
    w.close()

if __name__ == '__main__':
    FILE = 'adminkun_status.txt'
    TWITTER_USERNAME = 'TWITTER_ACCOUNT'
    TWITTER_PASSWORD = 'PASSWORD'
    URL = 'http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/itpropower/admin-kun/index/index.html'
    DOMAIN = 'http://www.atmarkit.co.jp'
    latest_number = file_open(FILE)
    data = parse_html(URL)
    latest_number = main(data, latest_number)
    file_close(FILE, latest_number)

実は前回のBotはこれの副産物でした。自分にとってTwitterは、すっかり情報ハブになっているので、有益になりうるTwitterBot候補があれば、ちょくちょく作っていこうかと思います。


PAGE TOP