AppleScript タグの一覧です(1 件)

[OSX][AppleScript]Leopardのスクリーンショットでファイル名を動的に書き換える

Leopardでスクリーンショットを撮る場合はcommand+Shift+3(全体)やcommand+Shift+4(選択)を使用します。
覚えてしまえば簡単ですが、うまくないなぁと思うのがファイル名が"Picture 1.png"(複数撮れば数字はカウントアップ)になってしまうことです。
スクリーンショットはよくFlickrにアップするのですが、そのままのファイル名にするわけにはいかないので、いつもリネームしています。
要はリネーム作業が煩雑なので、いつもなんとかならないかなと思っていたところ、AppleScriptでファイル名を動的に書き換えている方がいらっしゃいました。 現在、ほとんどそのままで使わせて頂いております。この場をお借りしてお礼申し上げます。
尚、リンク先内容での環境はSnow Leopardですが、Leopardでも問題なく動きました。私の場合は、デスクトップ全体を撮る場合も多いので、

do shell script "screencapture -iW ~/Desktop/" & tgt_file

の"-iW"を"-C"に変更したバージョンをCapDesktop.appとして作成しました。使うときはQuickSliverで呼び出してます。
尚、screencaptureコマンドのオプションは下記ご参考下さい。

/Users/aoshiman% screencapture --help               
screencapture: illegal option -- -
usage: screencapture [-icMPmwsWxSCUt] [files]
  -c         force screen capture to go to the clipboard
  -C         capture the cursor as well as the screen. only in non-interactive modes
  -d         display errors to the user graphically
  -i         capture screen interactively, by selection or window
               control key - causes screen shot to go to clipboard
               space key   - toggle between mouse selection and
                             window selection modes
               escape key  - cancels interactive screen shot
  -m         only capture the main monitor, undefined if -i is set
  -M         screen capture output will go to a new Mail message
  -o         in window capture mode, do not capture the shadow of the window
  -P         screen capture output will open in Preview
  -s         only allow mouse selection mode
  -S         in window capture mode, capture the screen not the window
  -t image format to create, default is png (other options include pdf, jpg, tiff and other formats)
  -T Take the picture after a delay of , default is 5
  -w         only allow window selection mode
  -W         start interaction in window selection mode
  -x         do not play sounds
  files   where to save the screen capture, 1 file per screen
PAGE TOP