Gmail タグの一覧です(2 件)

[iPhone][Gmail]iOS5メールでのメッセージフラグ機能は便利

私は、iPhoneのメールでGmailをimapで使用しているのですが、iOS5になってから(だと思う)、このメールアプリにメッセージフラグ機能が追加されているようです。

20111102_03

これは下の画像のようにフラグを付けたいメールにフラグ付けをすればよいのですが

20111102_05

これ、Gmailの場合(popの場合はちがうかも)はGmail側のスターに連動するんですね!これな便利だなと思いました。

20111102_02

ついでに調べたらGoogle Appsでも同じように連動してました!嬉しいなー

Pythonで1日のGoogle検索履歴の一覧を作成してGmailから送信する

今の私にとって(他の人もそうだと思いますが)、仕事プライベートに関係なく、Google検索は無くてはならないものですが、はたして1日にどのくらい検索しているのか知りたくて、リストを作成してみました。併せて前回のYahoo!天気情報のRSSと同様にGmailで送信しています。役に立つか分かりませんが、作成したコードを掲載します(スクリプトは何度も実行して成功しているものですが、実施は自己責任でお願いします)。尚、Google検索の履歴(Google Search History)はGoogleアカウントでログインしている状態で有効になります。
作成した時のポイントとしては

  • Google Search History は RSS で取得出来るので、feedparserを利用した
  • RSS は Basic認証がかかる為、urllibのFancyURLopenerを使用した
  • RSSのURLは件数のパラメータ(&num=)が無い場合、25件しか取得出来ないようなので(自分調べ)、1日で必要な件数を設定した
  • 取得出来る日時がGMTなので、日本時間(+9h)にする方法に悩んだ
# coding:utf-8

import urllib
import feedparser
import email.Utils
from time import *

import smtplib
from email.MIMEText import MIMEText
from email.Header import Header
from email.Utils import formatdate


class MyURLopener(urllib.FancyURLopener):
    def prompt_user_passwd(self, host, realm):
        return ('YOUR_GMAIL_ADDRESS', 'YOUR_PASSWORD')


def feed_parse(u):
    f = opener.open(u)
    d = feedparser.parse(f)
    TEMPLATE = '* %(entry_date)s : %(entry_title)s'
    feed = []
    for entry in d.entries:
        feed.append([entry.date, entry.title])
    feed.reverse()

    item_list = []
    today = localtime(time())[0:3]
    for i in feed:
        entry_date, entry_title = i[0], i[1]
        entry_date = localtime(mktime(email.Utils.parsedate(entry_date)) + 32400)
        if entry_date[0:3] == today:
            entry_date = strftime('%Y/%m/%d %H:%M:%S',entry_date)
            item_list.append(TEMPLATE % locals())
    items = '\n'.join(item_list)

    return items

def create_message(from_addr, to_addr, subject, body, encoding):
    msg = MIMEText(body.encode(encoding), 'plain', encoding)
    msg['Subject'] = Header(subject, encoding)
    msg['From'] = from_addr
    msg['To'] = to_addr
    msg['Date'] = formatdate()

    return msg

def send_via_gmail(from_addr, to_addr, msg):
    s = smtplib.SMTP('smtp.gmail.com', 587)
    s.ehlo()
    s.starttls()
    s.ehlo()
    s.login('YOUR_GMAIL_ADDRESS', 'YOUR_PASSWORD')
    s.sendmail(from_addr, to_addr, msg.as_string())
    s.close()

if __name__ == '__main__':
    number = '200'
    URL = 'http://www.google.com/searchhistory/?output=rss&num=%s' % number
    opener = MyURLopener({})
    subject = 'Google search history'
    body = feed_parse(URL)
    from_addr = 'YOUR_GMAIL_ADDRESS'
    to_addr = 'xxxxxxxxxxxxx@gmail.com'
    msg = create_message(from_addr, to_addr, subject, body, 'UTF-8')
    send_via_gmail(from_addr, to_addr, msg)

実際に送ってみるとこんなかんじです。これは一部分で、調べものが多いときは100件以上/日は検索していました。
Gmail

少しとはいえ、自分の検索を晒すのは恥ずかしい><。Typoとか(笑。
これを応用すれば、twitterで検索履歴をポストすることも出来そう。とっても恥ずかしいけどね。

参考サイト


PAGE TOP